作成中

作成中

Sailor INK BLUE BLACK 1オンス

つらいことがあったら、いつでも戻ってきて思い切りなくんやで

京都市の児童保護施設「伏見寮」寮長の黒羽順教(じゅんきょう)が
小倉勇に。戦争孤児の小倉は栄養失調で視力を失いましたが、盲学校を卒業し京都市内でマッサージで生計を立てました。

小倉は戦争孤児となり生まれ故郷の福井県敦賀市から大阪、神戸、そして東京上野へと路上生活。とうとう栄養失調で急性緑内障で視力を失いました。そして京都へ。ここで保護され伏見寮に送られました。
寮長の黒羽は、シラミだらけの小倉を銭湯に連れて行き皮膚病が広がる背中を無言で洗い流しました。「僕に触れてくれるんか」。2年間の路上生活を経て初めて触れたぬくもりに小倉の涙は止まりませんでした。

1945年7月12日夜、敦賀市を襲った米軍の爆撃で戦争孤児となりました。

祉会からさげすま
′く語らなかった孤児たち。そんな戦争
孤児の一人だった京都市の男性が、
飢えに苦しみ、死と隣り合わせだっ
た過酷な体験を語る活動を続けてい
る。15日は72回目の終戦記念日。「子
どもたちには二度と僕らのような患
いをさせたくない」と願う。


洞′U土
どで路上生活をしていた。
京都の男性過酷体験伝える
 1945年7月12日夜、
福井県敦賀市を襲った米軍
の爆撃は、7割の民家を焼
き尽くした。当時13歳だっ
た小倉勇さん(85)は翌朝、
自宅近くの貯水槽で変わり
 ボロボロの服にシラミが
                                              ■
わき、意臭を放つ小倉さん
たちを大人は見て見ぬふり
をした。小倉さんは1歳庫
下の「亀ちゃん」と「山ち
やん」の2人と共に、生息
                一
るため、食料などを盗んで
は、わずかな食べ物を3人
で分け合った。
果てた母を見つけた。いつ
も笑顔だった母の顔は黒く
焼けこげていた。母の亡き
がらを軍人がトラックの荷
台に乱暴に放り込むのを、
ぼう然と見つめた。「悲し
すぎて、涙も出なかった」
 翌46年ノ2月には父が病死
した。身を寄せた親戚宅で
は、優しかった親戚が態度
を一変。食事を抜かれ、の
のしられる日々に耐えきれ
 路上生活中、小倉さんは
栄養失調で急性緑内障を患
い、視力を失った。頭痛芯
苦しむ小倉さんの背中を一…
ず、半年で飛び出した。
 列車に無賃乗車して大
阪、神戸を転々とし、47年
晩中、さすってくれたのは
亀ちゃんだった。その亀ち
ゃんは同年暮れ頃、駅のホ
ームで黙り込んだかと患う
                 一
と突然、線路に身を投げて
死んだ。「僕らを邪魔者扱
いする世間に殺されたん
や」。ぶつけようのない怒
りがこみ上げたー。
10月、警察官らに保護され㌔
京都市の児童保護施設「伏
見寮」に送られた。
 その後、山ちゃんは施設
を脱走したが、残った小愈
さんは生涯の恩師となる寮
長の黒羽峨郵さんと出会
 救いの恩師 で
                    こ
 「東京にいるのはつら
い」/。京都駅に流れ着いた
小倉さんと山ちゃんは48年
った。黒羽さんは、シラミ
だらけの小倉さんを銭湯旺
連れて行き、皮膚病が広が
る背中を無言で洗い流し習
くれた。「僕に触れてくれ悉
んか」。2年間の路上生活を
経て、初めて触れたぬく執
りに涙が止まらなかった⑳
 黒羽さんは「誰かに必靡
とされる人になってほ㍑
い」というのが口酪だった爪
小倉さんは盲学校(今の姑
別支援学校)を卒業し、商
都市内でマッサージの旛揃
所を開設し、生計を立て窪〈
I - - - -一・- - ■-」-..
       鞠1
(12日、京都市山科区で)=守屋由子撮影
上野駅前で眠る戦争孤児たち(1948年)
  全国に12万人
1948年2月の旧厚生省の
調査では、戦争で親を亡く
すなどした戦争孤児は全国
                                J
で12万4000人に上った0
兜だちは路上生活を選二
り、物乞いをしたり、靴磨
きをしたりして食いつない
だ。餓死者も相次ぎ、中に
は窃盗や売春をする孤児も
少なくなかった。東京・上
野で路上生活をした大阪府
の筒井利男さん(84)は、「進
駐軍の残飯をリヤカーで運

が集まり、駅の地下道盈
どで路上生活をしていた。抑
 ボロボロの服にシラミが
                          、
わき、意臭を放つ小倉さん
一Jn
 -
-■
●- ▼
〓-
京都の男性過酷体験伝える
 1945年7月12日夜、
福井県敦賀市を襲った米軍
の爆撃は、7割の民家を焼
き尽くした。当時13歳だっ
た小倉勇さん(85)は翌朝、
自宅近くの貯水槽で変わり
果てた母を見つけた。いつ
も笑顔だった母の顔は黒く
焼けこげていた。母の亡き
がらを軍人がトラックの荷
台に乱暴に放り込むのを、
ぼう然と見つめた。「悲し
すぎて、涙も出なかった」
 翌46年/2月には父が病死
した。身を寄せた親戚宅で
は、優しかった親戚が態度
を一変。食事を抜かれ、の
のしられる日々に耐えきれ
ず、半年で飛び出した。
 列車に無賃乗車して大
阪、神戸を転々とし、47年
たちを大人は見て見ぬふり
をした。小倉さんは1歳摩
下の「亀ちゃせと「山ち
鮎㌔雛甜㍍鰻
                  ソ
は、わずかな食べ物を3人
で分け合った。  …
 路上生活中、小倉さんは
栄養失調で急性緑内障を患
い、視力を失った。頭痛に
苦しむ小倉さんの背中を一小
晩中、さすってくれたのは
亀ちゃんだった。その亀ち
ゃんは同年暮れ頃、駅のホ
ームで黙り込んだかと恩き
                  ′
と突然、線路に身を投げて
死んだ。「僕らを邪魔者叔
10月、警察官らに保護され、
京都市の児童保護施設「伏
見寮」に送られた。
 その後、山ちゃんは施設
を脱走したが、残った小倉
さんは生涯の恩師となる寮
長の黒羽峨郵さんと出会
黒羽さんは「つらいことが
あったら、いつでも戻って
きて思い切り泣くんやで」
いする世間に殺されたん
や」。ぶつけようのない怒
りがこみ上げた・。
救いの恩師
 「東京にいるのはつら
い」/。京都駅に流れ着いた
小倉さんと山ちゃんは48年
った。黒羽さんは、シラミ
だらけの小倉さんを銭湯に
連れて行き、皮膚病が広が
る背中を無言で洗い流して
くれた。「僕に触れてくれる
んか」。2年間の路上生活を
経て、初めて触れたぬくも
りに涙が止まらなかった。
 黒羽さんは「誰かに必要
とされる人になってほし
い」というのが口癖だった。
小倉さんは盲学校(今の特
別支援学校)を卒業し、京
都市内でマッサージの施術
所を開設し、生計を立てた。
と、81年に84歳で亡くなる
まで見守り続けてくれた。
 小倉さんは長年、戦争孤
児だった過去を隠し続けて
きた。思い出すのはつらく、
惑いこともしたからだ。し
かし、「戦争で一■番、犠牲
になるのは弱小子どもたち
だ。もう二度と戦争を起こ
してはならない」と、2年
前から学校や寺などで体験
を語り始めた。毎年、終戦
の日前後に、同市内で黒羽
さんの墓参りをする小倉さ
んは今年も12日、墓前に手
を合わせ、むせび泣いた。
 「先生ありがとう。先生
がいなければ、生きてこら
れなかった」
専毒
 突
      )
上野駅前で眠る戦争孤児たち(1948年)
  全国に12万人
1948年2月の旧厚生省の
調査では、戦争で親を亡く
すなどした戦争孤児は全国
                                J
で12方4000人に上った0
上生活を送b、1
だち古
り、物乞いをしたり、靴磨
きをしたりして食いつない
だ。餓死者も相次ぎ、中に
は窃盗や売春をする孤児も
少なくなかった。東京・上
野で路上生活をした大阪府
の筒井利男さん(84)は、「進
駐軍の残飯をリヤカーで運
び、闇市の露店に売った0
残飯を混ぜたシチューを食
べようと大勢の人が列を作
っていた」と振り返る。
 政府は46年4月から、孤
児を捕まえて施設などに送
る「狩り込み」を本格化0
しかし、施設でも食事は十
分に与えられず、逃げ出し
て路上生活に戻る孤児が続
出した。

猫の死亡通知
http://www.geocities.jp/sybrma/322nekonoshiboutuuchi.html
岩波書店版『漱石全集 第14巻』(書簡集、昭和41年発行)所収のはがき

   明治41年9月14日(月) 午後零時─1時 

               牛込區早稻田南町七番地より

     赤坂區表町一丁目二番地山口方 松根豐次郎へ 

    廣島市猿樂町 鈴木三重吉へ
    巣鴨區上駒込三八八 野上豊一郎へ
    本郷區森川町一番地小吉館 小宮豐隆へ
辱知猫義久々病氣の處療養不相叶昨夜いつの間にかうらの物置のヘツツイの上にて逝去致候 埋葬の義は車屋をたのみ箱詰にて裏の庭先にて執行仕候。但主人「三四郎」執筆中につき御會葬には及び不申候 以上
  九月十四日  

文豪、夏目漱石(1867~1916年)が門下生に飼い猫の死を知らせたはがき1枚が1日までに、東京都新宿区に寄贈された。この猫は小説「吾輩は猫である」のモデルで、はがきは通称「猫の死亡通知」として知られる。新宿区は9月24日開館の「漱石山房記念館」で一般公開する。

 はがきは1908年、漱石から門下生4人に宛てて4枚が出された。寄贈されたのは、うち俳人の松根東洋城宛てのもの。松根が創刊した俳句雑誌「渋柿」の前主宰者、松岡潔さんが昨年3月、新宿区に贈った。

 はがきは黒枠で縁取られ、療養中だった猫が死に、「埋葬」したことを知らせるとともに「御会葬」には及ばない、などと記している。漱石の妻の回想録「漱石の思い出」などによると、この猫は漱石の自宅に迷い込み、漱石の意向で飼うことが決まった。

 はがき4枚はほぼ同じ内容で、他の3枚は、日本近代文学館(東京都目黒区)などが所蔵している。

画像の説明

塩原名勝 蓬莱橋  絵葉書
 絵葉書には草カンムリがなし
 塩原名勝 蓬莱橋

昭和30年代(1960年ころ) 塩原観光協会

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

名言集 Ⅴ

貧農の次男に生まれ八十年農を捨て親を捨て村を捨てたり

山陽小野田市 浅上薫風 807読売花壇

〇  戦後すぐ理研という名の弁当箱母が買いけり今も使いぬ
201405朝日花壇

「人は常に成長したいと考える存在」

溝口智成(立教大野球部監督)
 全日本大学野球で59年ぶりに日本一2017.6

<全日本大学野球選手権:立大9-2国際武道大>◇11日◇決勝◇神宮

 立大(東京6大学)が国際武道大(千葉)を下し、1958年以来59年ぶり4度目の優勝を果たした。国際武道大は初の大学日本一を逃した。立大は1点先制されたが、1回1死満塁から山根が逆転の2点適時打を放ち、大東が左へ3点本塁打と畳み掛けた。中盤以降も加点し計9点。3点リードの5回1死一、二塁で手塚を救援した中川は国際武道大を2安打に抑える好救援だった。立大OBの長嶋茂雄氏(81=巨人軍終身名誉監督)が応援にかけつける中、後輩たちが期待に応えた。

人間失格 太宰治
第一の手記

恥の多い生涯を送って来ました。

 自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。自分は東北の田舎に生れましたので、汽車をはじめて見たのは、よほど大きくなってからでした。自分は停車場のブリッジを、上って、降りて、そうしてそれが線路をまたぎ越えるために造られたものだという事には全然気づかず、ただそれは停車場の構内を外国の遊戯場みたいに、複雑に楽しく、ハイカラにするためにのみ、設備せられてあるものだとばかり思っていました。しかも、かなり永い間そう思っていたのです。ブリッジの上ったり降りたりは、自分にはむしろ、ずいぶん垢抜あかぬけのした遊戯で、それは鉄道のサーヴィスの中でも、最も気のきいたサーヴィスの一つだと思っていたのですが、のちにそれはただ旅客が線路をまたぎ越えるための頗る実利的な階段に過ぎないのを発見して、にわかに興が覚めました。
 また、自分は子供の頃、絵本で地下鉄道というものを見て、これもやはり、実利的な必要から案出せられたものではなく、地上の車に乗るよりは、地下の車に乗ったほうが風がわりで面白い遊びだから、とばかり思っていました。
 自分は子供の頃から病弱で、よく寝込みましたが、寝ながら、敷布、枕のカヴァ、掛蒲団のカヴァを、つくづく、つまらない装飾だと思い、それが案外に実用品だった事を、二十歳ちかくになってわかって、人間のつましさに暗然とし、悲しい思いをしました。

船村徹の故郷 日光市玉生

画像の説明

画像の説明

那須塩原周辺の骨董市・骨董店

真岡骨董市 20170212

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

SEO対策

a:486 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional