展示・収蔵品

展示・収蔵品

展示品

kannkannai1 
    
館内

館内
芳栄堂館内1
auto-ZuAwyE.jpg    芳栄堂館内2

収蔵庫

芳栄堂収蔵庫1  芳栄堂収蔵庫2

収蔵品

古酒 ウイスキー・ブランディ

古酒 ウイスキー・ブランディ1

古酒 ウイスキー・ブランディ2
 銘柄・価格などご遠慮なくお問合せください。

石臼

石臼1 石臼2

大八車 車輪         ホーロー看板

大八車 車輪     ホーロー看板
 サイズや形状はいろいろです。

漁具 浮き玉

漁具 浮き玉1

漁具 浮き玉2


籠(かご)

籠(かご)1 

籠(かご)2 

自在鍵

自在鍵

自在鍵2

大八車 小

大八車 小
 大型のものもあります。

丸型ポスト

芳栄堂収蔵品丸型ポスト 当館前   収蔵品 郵便丸型赤ポスト 
 当館前の丸型ポスト  収蔵庫内の丸型ポスト 塗装が剥げてます。

赤ポストの色
豆型ポストは赤ポスト(正式名称は郵便差出箱1号丸型)ともいわれますが、本来の色は朱色です。

当館前のポストの根石(土台石)は実際に使用されていたものです。
石職人さんにより手作りされたものです。

当館前に設置した丸型ポストには昭和27年製の浮彫があります。

◇郵便差出箱1号(丸型)
昭和20(1945)年に終戦を迎え、物資の入手が軌道に乗るようになった昭和24(1949)年から新しい鉄製ポストとして実用化されました。
 ・昭和24(1949)年〜
  本体:高さ135cm 直径40cm
  根石:高さ20cm 直径60cm

出典:郵政博物館「博物館ノート」

このポストの名称は「郵便差出柱箱」でした。
郵便ポストが型式でよばれるようになるのは、昭和35年(1960)4月11日の公達第24号でポストの種類別名称が定められてからです。
この時の名称は郵便差出箱1号でした。

現在、一般的に使われている「1号丸型」という名称は、昭和45年(19970)11月26日公達64号による規格改正からで、理由は丸型に代わる角型が登場したからでした。これを区別するために郵便差出箱1号丸型、郵便差出箱1号角型の名称が付けられました。


展示・収蔵品の詳細は、「▶収蔵品目録」でご確認ください。

a:3592 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional