ガラス瓶・コップ

ガラス瓶・コップ

菓子瓶 角型小瓶 A84

[[菓子瓶 角型小瓶 A84>菓子瓶 角型小瓶     高さ(蓋を除く)約19.5 最大幅19㎝
  珍しい角型の小型菓子瓶です。

地球瓶(菓子瓶) A83

地球瓶(菓子瓶) A83  8,500円
 高さ約30 胴最大径30 底径13.5 口径13.5㎝

たばこガラス瓶 M

たばこガラス瓶 M ¥13,500.

地球瓶(菓子瓶) 特大NO.1/大NO.2

地球瓶(菓子瓶) 特大NO.1/大NO.2 特大¥10,500. 大¥7,500.
  売切れ
 特大NO.1(右):高さ約33 胴最大径33 底径22.5 口径16㎝
 大NO.2(左):高さ約30 胴最大径30 底径19.5 口径14.5㎝
  高さは蓋(ふた)を付けないガラス部分です

菓子瓶 A/B/C

菓子瓶 A/B/C 左から A⇒B⇒4C
 A(埼玉トヨタ):¥2,300. B:¥3,500. C(堀井商会):¥2,100.
   B(中央)は売切れです。

アンクルトリス グラス 侍と歩兵 2個 A75

アンクルトリス グラス 侍と歩兵 2個 A75 2,500円(2個組)
 柳原良平アンクルトリスの絵入り

トリスハイボールジョッキ SUNTORY A74

トリスハイボールジョッキ SUNTORY A74 500円(2個組)
 柳原良平アンクルトリスの絵入り

小ぶりのアンカーコップ 5個

小ぶりのアンカーコップ 5個 ¥3,000.(5個)
  売切れ 高さ8.6~9.0㎝ 口径5.7~6.1㎝

コカ・コーラ ティファニー模様グラス5個 A65

コカ・コーラ ティファニー模様グラス5個 A65 1,500円(5個)
 ゴブレット型 ティファニー模様 コカ・コーラコップ A85]]  5,500円

 高さ約13×最大径7cm

コカ・コーラ ティファニー模様グラス6個 A64

コカ・コーラ ティファニー模様グラス6個 A64 1,600円(6個)
 ティファニー模様 コカ・コーラコップ 
 高さ約12.7×最大径6.2cm

蓋つき薬瓶 茶色 2個セット A63

蓋つき薬瓶 茶色 2個セット A63 700円(2個)
 高さ約14×最大径6.5cm

サッポロビール 足付ビヤグラス 6個セット A38

サッポロビール 足付ビヤグラス 6個セット A38 650円(6個)
 紙箱入りの未使用品ですが古い時代のものです
  380型  口径6.5㎝ 高さ21㎝

サントリービールコップ 純生 6個セット A37

サントリービールコップ 純生 6個セット A37 250円(6個)
 紙箱入りの未使用品ですが古い時代のものです
1982(昭和57)年に「サントリービール〈純生〉」の名称はなくなりました。これは、それより前のものです。

薬瓶 小瓶5本セット A31

薬瓶 小瓶5本セット A31 900円(5本)

2合酒瓶A、B  2合酒瓶A(左) 2合酒瓶B(右) 

2合酒瓶A、B 2合酒瓶A 2合酒瓶B 
 ¥500.(1本)  B¥300.(1本)←Bは売切れ 
  

小ぶりのアンカーコップ A/B

小ぶりのアンカーコップ A/B ¥600.(1個)
  A(左2個)高さ10㎝ 口径6㎝ 底径4.5㎝
  B(右2個 薄いグリーン)高さ9㎝/口径6㎝/底径4.5㎝
アンカーコップは、戦時中に、生産統制で不足していたブリキ缶の代用として大量に生産されました。これで飲む日本酒は格別な味に感じます。

ガラス醤油さし A

ガラス醤油さし A ¥1,200. 未使用品
   高さ10㎝ 底径5.3㎝ 胴最大径6.1㎝
昭和の時代、ほとんどの家庭にこのようなガラス製の醤油さしがありました。一升瓶で醤油を買い醤油差しに入れて使いました。
昭和初期には7000を超えの醤油蔵がありました。各地に酒蔵があるように醤油蔵もありました。今でも千を超える醤油蔵があります。

薬瓶 小瓶3種 

薬瓶 小瓶3種
 左:透明瓶¥380. 中央:茶瓶¥380. 右:スポイト付¥650.

コカコーラコップ5個セット  大 

コカコーラコップ5個セット  大        コカコーラコップ5個セット
 ¥1,800.  高さ14㎝ 口径7.5㎝         左:大  右:小

コカコーラコップ5個セット  小 

コカコーラコップ5個セット  小  コカコーラコップ5個セット  小2  
 ¥1,300.  高さ12㎝ 口径7㎝

コカコーラ・ファンタ瓶

cocacolabin1cocacolabin2
   ¥1,200.(2本)

ラムネ瓶 B 

ラムネ瓶 B ラムネ瓶 B    ラムネ瓶 B 
  ¥700.(2本)  
              右端は開封前の写真です。
販売者のマルミヤ醸造合資会社のラベルで封印されていました。
ラムネは1860年にイギリスの商船により長崎にもたらされたという説が有力です。  

No.d430 180618

a:1838 t:3 y:8

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional