鉛メンコ(明治時代) 南蛮人婦人

鉛メンコ(明治時代) 南蛮人婦人

鉛メンコ(明治時代) 南蛮人婦人
 C(左):¥4,800. D(右):¥4,500. どちらも送料込(クリックポスト)
 ハイカラな南蛮婦人(シャム,ルソン,ジャワなどの南洋諸島(南蛮)を経由して来日した婦人)が絵柄となっています。

メンコ(面子)遊びは明治・大正・昭和と男の子の遊びの定番でした。鉛メンコは明治時代に大流行しましたが、鉛には毒性があることから発売禁止となり回収もされたということですから残っているのはとても珍しいです。
昭和時代は紙面子でした。

鉛メンコ(明治時代) 南蛮人婦人2
 タテ5㎝ ヨコ4.5㎝ 重さ10グラム 
 厚み0.5mmです。柔らかいので少しの力で曲がります。 
  D(右)の右下に小さいキズがあります。

鉛メンコ(明治時代) 南蛮人婦人3
 表面は黒ずんでいます。何度も使用されると絵の模様が見えなくなったり着色されている4色もかすれてしまうのだろうと思います。

鉛メンコ(明治時代) 南蛮人婦人4
 拡大写真ではよくわかりますが肉眼ではこれほど鮮やかには見えません。

鉛メンコ(明治時代) 南蛮人婦人5

a:184 t:1 y:1

NO.D30

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional