パイロット証券用インキ 60cc A74

パイロット証券用インキ 60cc A74

パイロット証券用インキ 60cc A74-1 黒 350円(1個)
  特殊用インキ(付けペン又は筆用)万年筆には使用できません
 箱には汚れや小傷がありますが、インキの状態は良く使用できます。
 このPILOTのロゴは昭和34(1959)年から64(1989)年まで使用されました。そして、60ccボトルインキの定価が160円は昭和48(1971)年頃でした。

パイロット証券用インキ 60cc A74-2

パイロット証券用インキ 60cc A74-3 パイロット証券用インキ 60cc A74-4 

パイロット証券用インキ 60cc A74-5

パイロット証券用インキ 60cc A74-6
 右端は、パイロットインキ Blue Black 30ccです。

パイロット証券用インキ 60cc A74-7 パイロット証券用インキ 60cc A74-8

証券用インキ

墨汁やコピー機のトナーなどにも使われているカーボン(炭素)の粉を利用して作られています。インクが沈殿しますので、振ってから使います。
これに似ているイインキに「製図用インキ」があります。

耐水性や耐光性に優れ、定着力が高いのが特長です。光にさらされても色褪せしにくく、水に濡れてもにじみが出にくいことから、主に保存を目的とした書面や、レタリング、漫画やコミックなどの原稿などに使用されています。

「製図用」と「証券用」の差
大きな差はないということですが、「製図用」の方がインクが濃く、「証券用」の方が薄いといわれます。濃い方が乾きが遅く、薄い方が乾くのが早いので、漫画家さんは「証券用」のインクを使う方が多いのだそうです。

a:23 t:1 y:0

Oskaservi A-10 190513

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional