トリスハイボールジョッキ SUNTORY A74

トリスハイボールジョッキ SUNTORY A74

トリスハイボールジョッキ SUNTORY A74 500円(2個組)
 柳原良平アンクルトリスの絵入り  非売品
  口外径約8㎝×底付近外径約7.1㎝×高さ約14.2㎝
  重さ:約570g/個(2個で約1,140g)

アンクルトリスウイスキーポケット瓶とジョッキ A59-3

アンクルトリスウイスキーポケット瓶とジョッキ A59-4

アンクルトリスウイスキーポケット瓶とジョッキ A59-5

アンクルトリスウイスキーポケット瓶とジョッキ A59-6

アンクルトリスウイスキーポケット瓶とジョッキ A59-7
 下の方はカットガラスです



トリスウイスキーポケット瓶とジョッキのセットもあります。
アンクルトリスウイスキーポケット瓶とジョッキ A59
アンクルトリスウイスキーポケット瓶とジョッキ A59 1,600円(1組)
 ジョッキ1個とアンクルトリス絵入りのポケット瓶1本 1,600円
  ポケット瓶は廃番となりました

アンクルトリス
アンクルトリス アンクルトリスハイボール
1958年生まれ。
イラストレーターの柳原良平によるデザイン。当時サントリー(寿屋)の宣伝部に在籍していた開高健がキャッチコピーを手がけました。

サントリートリスウイスキーの歴史

寿屋の創業者である鳥井信治郎は、1907年(明治40年)に赤玉ポートワインを発売し、同社の土台を築くと共に、海外からさらなる洋酒を国内に広めるべくヒントを得ようとしていた中で、ある時海外から原酒を購入したが、ウイスキー原酒とは名ばかりの粗悪な模造アルコールといえる代物であった。当然これでは売り物にならないため、葡萄酒用の樽に入れて放置していた。数年後、この原酒は琥珀色に熟成し、鳥井はそれがウイスキーであることを確信した(ただし、現在の基準ではウイスキーとは認められないものである)。その後、この原酒を水などとブレンドしてアルコール度を調整し「トリス」と名付けて売り出したところ、あっという間に売れた。この成功を機に、鳥井は国産初のウイスキー製造に乗り出す決意を固め、1923年(大正12年)、京都と大阪の境、山崎に蒸留所の竣工に踏み切ることになる。

現在に続くトリスウイスキーとしての発売は、戦後すぐの1946年である。当初は原酒を5%入れていた3級ウイスキー(後の2級ウイスキー)として登場したが、徐々に原酒の配合割合が上げられ、やがて10%に引き上げられて2級ウイスキー(後の1級ウイスキー)として発売されている。高級なウィスキーの税率が現在よりも高かった当時でも、比較的安価だったため大衆の人気を得、比較的社会が豊かになった後も若者を中心に人気を博した。酒税法改正のあった1989年まではモルト原酒にクレーン・ウイスキーのほかブレンド用アルコール(廃糖蜜から作られた安価なスピリッツ)を混和していたが、酒税法改正によりウイスキーの等級制が廃止され税率が統一されたのを機会にモルト原酒率は変わらないものの、ブレンド用アルコールの混和が廃止され、同社のウイスキーで最も安価なウイスキーであることに変わりはないものの、品質が大幅に向上した。

ウイスキーメーカーとしてのサントリーの原点となる洋酒であり、またロングセラーのブランドとして重視されている。従来は、1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新したことにより、新たな若者層にも愛飲者を拡大させている。

さらに、2009年頃からのハイボールブームに乗る形で、2010年9月にこれまでのラインナップを刷新し、よりハイボールに合うキレのある味わいに仕上げた「トリス<エクストラ>」と同製品をベースにした「トリスハイボール缶」を発売した。この「トリスハイボール缶」は発売以降、通常品の他に季節限定品やエリア限定品を中心に、様々なフレーバーが登場するようになった。

2015年9月には「トリス〈ブラック〉」の事実上の後継商品となる「トリス〈クラシック〉」が発売された。この「トリス〈クラシック〉」はブレンドのキーモルトとして用いたモルト原酒にはシェリー樽で熟成されたオイリーな香味の白州産のモルト原酒が用いられ、シェリー樽モルトのスパニッシュオークに由来する熟成香を生かしつつ、オイリーな白州モルトが淡い香味ながらもボディに厚みを与えた結果、奥行きと立体感のあるバランスの良いブレンドと香味に仕上げられた。

出典:ウィキペディア

a:31 t:1 y:0

NO.003 180511 NO1TYAnoma

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional