アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR



MASHIE(5番アイアン)とパターです。
 どちらも1本¥29,000.  

 シャフトは木製です。スチール シャフトが生まれたのは1912年です。
   ⇒ ゴルフクラブの呼び名 

ゴルフクラブの歴史ヒッコリー(木のむく)からスチールシャフトに

ヒッコリーシャフト(木のむく)は、しなりとよじれが大きく、力のあるプレーヤーが思い切りひっぱたくとボールがどこへ飛ぶか分かりませんでした。しかも簡単に折れてしまいます。

初期のゴルフクラブのシャフトはヒッコリーでした。グリップの部分は革で包まれていました。
初期のクラブの多くは、スコットランドで、その後米国のメーカーが作りました。

スチールシャフトの登場(1912年以降)は、本格的な近代ゴルフの幕を開けると共に、ゴルフクラブの量産を可能にしました。ゴルフの大衆化に拍車がかかることになったのです。

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR2

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR3

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR4

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR5

MASHIE(マッシー = アイアン5番)

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR6
 MASHIE(マッシー アイアン5番)です。
 (飛距離)範囲は125~150ヤードと刻印されています。今の5番アイアンと比べると飛距離は当然ですが少ないです。

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR6

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR7

パター PUTTER

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR8

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR9

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR10
 パターのヘッドに溝が切られています。今のパターには溝はありません。強く遠くに打っていた時代のパターだと思います。

アンティークゴルフクラブ MASHIE(5I)とPUTTR11


ゴルフの起源
ゴルフクラブの起源は、ゴルフの歴史につながります。
スコットランドの羊飼いが羊をおうための杖で小石を転がして、ウサギやモグラの穴に入れたのがはじまりといわれています。
ゴルフクラブはその羊飼いの木製の杖だといわれています。
当時のゴルフクラブは現在のような形状ではなく、ホッケーのスティックの形状に近いものでした。

ゴム製糸巻きボール
ゴム製糸巻きボール(Haskell rubber-core ball)が生まれたのは1901年でした。

a:438 t:1 y:2

2FC1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional