角館の樺細工 角型菓子器 A355

角館の樺細工 角型菓子器 A355

角館の樺細工 角型菓子器 A355-1

   ご注文
 1,200円
  送料520円(レターパックプラス)

  約15×15×6(高さ)センチ
秋田県角館の樺細工(かくのだてのかばざいく)は、天然の桜皮を素材にした伝統工芸品です。
 単一電池は大きさの参考です。

角館の樺細工 角型菓子器 A355-2

角館の樺細工 角型菓子器 A355-3

角館の樺細工 角型菓子器 A355-4

角館の樺細工 角型菓子器 A355-5

角館の樺細工 角型菓子器 A355-6 角館の樺細工 角型菓子器 A355-7
 左は角館樺細工 右は角館桜皮細工 どたらも「かくのだてかばざいく」と読みます。

角館の樺細工 角型菓子器 A355-8
 紙箱は日焼け、汚れがあります。

角館の樺細工 角型菓子器 A355-9
 神箱に貼られているシールです。文字がかすれてしまっています。角型菓子器と書かれています。



角館樺細工しおり1
栞(しおり)は付きません。
館樺細工しおり2


樺細工とは
樺細工(かばざいく)とは、秋田県仙北市で作られている日本の伝統的な木工工芸品です。

「樺」という名前が使われているものの、実際に利用されているのは「山桜」の樹皮であり、樺類は使用されていません。山桜の樹皮の光沢、独特な色合いを活かした工芸品であり、幅広く愛されています。山桜の樹皮はあめ皮、ちらし皮、ひび皮など10種類以上も存在しています。ひとつひとつの製品の用途に合った樹皮を使用しており、仕上がった樺細工製品には同一のものがない点も特有です。

樺細工は、秋田県で初の伝統工芸品認定をされた貴重な工芸品です。現在は秋田県のみに伝承されていて、日本を代表する工芸品となっています。

 ⇒秋田県の伝統工芸品 樺細工

a:142 t:1 y:0

A-2 240614

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional