染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-1

   ご注文

 3,800円(3客組)
 

 典型的な芙蓉手(ふようで)文様です。
 芙蓉手とは、見込(うつわの内側の部分)中央に円窓を設け、その周囲を区切る文様です。芙蓉の花が開いた感じの文様なのでこう呼ばれます。

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-2
 口径13.7 高さ4.6センチ

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-3
 単三電池は大きさの参考です。

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-4

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-5

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-6
 染付は手書きです。二つとして同じものはありません。

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-7
 芙蓉手は、中国明代に始まった皿の意匠一つですが、欧州で愛好されたためわが国の伊万里でも輸出用に大量生産されました。 染付が主で、この小鉢のように周辺部を八等分した中に文様が描かれているものが多いです。

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-8

染付芙蓉手 古伊万里小鉢3客 A207-9


染付(そめつけ)

白色の素地に藍色の顔料(呉須<ごす>;酸化コバルト)で文様を描き、ガラス質の透明な釉薬をかけて焼いた陶磁器。一般には磁器のことを言います。染織の藍染に色彩が似ているのでこの染付と言われるようになったとされています。中国では元末〜明初のもの、朝鮮では李朝が名高く、日本では初期伊万里に始まり、瀬戸焼、京焼など各地で名品が生まれています。

a:54 t:2 y:3

IMT A-16 210429

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional