懐かしい赤電話 昭和の光景 A295

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-1

   売約済
 15,800円 
  送料:ゆうパック100サイズ
 重量8.5kg

昭和時代にはあちこちで目にした赤電話。10円玉専用の公衆電話機です。スマホ時代となり目にする機会は少なくなりました。
実際に使われていたものです。電話線、10円玉を入れなくてもかけられるようにするためのKS鍵(特殊切替用鍵)がそろっています。

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-2

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-3 懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-4
長年実際に使用されていた赤電話です。汚れや退色、スレ傷があります。

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-5 懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-6

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-7
 KS鍵(特殊切替装置用鍵)を差し込んで右に45度回すと10円玉を入れなくても通話ができます。

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-8
青丸内のつまみを引くとストッパーが外れて硬貨収容箱を取り出すことができます。ここに南京錠をかけてつまみを動かせないようにしておきます。

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-9
部品はそろっています。腺に汚れがあります。

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-13 懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-13 
 内部の構造(同等機種の機械部分)

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-10

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-11 懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-12
10円玉は6枚入ります。
受話器を上げていないと返却口に戻ってしまいます。受話器を上げていても100円玉など他の硬貨は返却口へ戻ってきてしまいます。

受話器を上げて10円玉を入れると入りますが、通話ができませんので受話器を下ろすと返却口に戻ってきます。

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-13

懐かしい赤電話 昭和の光景 A295-14


赤電話
赤電話

公衆電話機にはいろいろな種類がありますが、赤電話と呼ばれているこの電話機がポピュラーです。

委託公衆電話が正式な名称です。たばこ屋や駅売店などの店先などに多く置かれ、料金回収・日常清掃・故障時の応急対応などは、委託された施設の管理者が行います。

まだ携帯電話が普及していなかった昭和の時代には、大きな会社や工場の中にも置かれていました。

a:91 t:2 y:0

220531

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional