ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256-1

  売切れ
 3,800円
  (1箱1グロス144本)
  送料198円(クリックポスト)

  LION ライオンペン 日本字用 ベルベット JISマークあり
 福井商事(株)平野工場製 昭和30(1955)年頃

福井商事(株)平野工場

・LION商標の福井商事の元祖は、寛政4年(1792)年に初代今津屋小八郎(福井家祖)が今津屋の屋号のもとに大阪心斎橋筋平野町で創業した筆墨商。
・大正10(1921)年に福井庄次郎が福井商店を設立、昭和12(1937)年株式会社福井商店に改組、鋼ペン先の製造に着手
・昭和31(1956)年、福井商事株式会社に改組

・昭和36(1961)年、ペン先製造の平野工場(大阪府中河内郡長吉村出戸820)を福井工業株式会社(現 株式会社サンライテック)として分離独立
・1996年(平成8年)にペン先の製造販売を中止しました。

 この当時のライオンペン先の箱の中に入っている説明書には、福井工業株式会社と記載されています。ライオンペン先の製造会社でした。
LIONは福井商事(現在のライオン事務機)の商標です

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256-2
 未開封ですが、紙箱には透明セロファン紙にキズ、箱に汚れがあります。

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256-3

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256-4
 紙箱の底面 ライオンペン平野工場と記載されています

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256-5

 


 当時のライオンペンの宣伝カー
  (ライオン事務機のホームページより)

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256-6

ライオン 日本字ペンNO.3 未開封紙箱 B256-7
 JISマーク、LIONと刻印されています。

ペン先JIS(日本工業規格)
昭和29(1954)年10月30日に制定されました。
このペン先はその前に製造販売されました。70年ほど前の古い時代のペン先です。

日本字ペン 
日本字が書きやすいようにカブラペンを特化させたものです。独特の形をしています。カブラペンよりしなやかな線が出せますが、その反面、強い弾力性には欠けます。

ライオン 日本字ペンNO.3 10本 B254-8 ライオン 日本字ペンNO.3 10本 B254-9
 上の写真2枚は参考写真です。JIS規格制定前のライオン日本字ペンです。ペン先の刻印:ライオンペンとカタカナで刻印されています。
   FUKUI & Co NO.3 LION PEN


ペン先のJIS規格「S6008 鋼ペン先」は昭和29年10月30日に制定されました。

鋼ペン先JIS制定時の表示許可工場
 制定時の表示許可工場は7社7工場7ブランドでした。

画像の説明
 JIS鋼ペン先制定時の専門会委員長は福井商事株式会社平野工場の長井敏三でした。(日本鋼ペン先工業組合 平成8年7月 発行『ペン先のあゆみ』より)
      ⇒ 日本工業規格 JIS 鋼ペン先 S6008 全文

a:98 t:2 y:0

A-14 210809

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional