カネモガラスペン ペン先両用 簿記細字用 B271

カネモガラスペン ペン先両用 簿記細字用 B271

カネモガラスペン ペン先両用 簿記細字用 B271-1

 1本1,480円
 

 両端(両頭)がガラスペンになっていて、差し替えて使います。経済的な硝子ペンです。 平和萬年筆 太軸
 カネモ印の数の少ない両用(両頭)ガラスペンです。

カネモガラスペン ペン先両用 簿記細字用 B271-2
 ラベル表示 : TRADE MARK カネモ印トレードマーク商標 図引 簿記細字用 品質請合別製 平和万年筆 東京製作品 Y.S.&CO.

カネモガラスペン ペン先両用 簿記細字用 B271-31 カネモガラスペン ペン先両用 簿記細字用 B271-32
   天然竹軸、ラベルにはくすみや小キズがあります。
 毛細管現象によりインクを吸い上げインク持ちをよくさせる8本の溝が付けられています。
カネモガラスペン ペン先両用 簿記細字用 B271-41 カネモガラスペン ペン先両用 図引細字用 B271-42

カネモ印のガラスペンガラスペン替先

TRADE MARK はカネモ印トレードマーク商標カネモ印です。
ガラスペンガラスペン替先はいろいろな種類が製造販売されました。

カネモ印ガラスペン替先 水昌ササ型 B73-6 カネモ印ガラスペン替先 水昌ササ型 B73-7
"平和ガラスペン"(写真上の左)、"TOKYO Y.S.&CO.""(写真上の右)" と記載されたガラスペン替え先の箱があります。

カネモ印竹軸ガラスペン平和萬年筆

平和萬年筆(竹軸ガラスペン
"平和萬年筆""TOKYO Y.S.&CO."
 "TOKYO Y.S.&CO." のY.S. は、製造販売者、佐瀬米蔵(させよねぞう)の頭文字です。

 カネモ印のガラスペンは、現在の佐瀬工業所(東京都台東区)の先代、佐瀬米蔵が製造販売しました。
 佐瀬米蔵は、ガラスペンの考案者である佐々木定次郎氏の元で修業し明治45年(大正元年)に「カネモ印」の家号にて台東区入谷で独立しました。販売時期など詳しくはわかりません。

 ガラスペンの製造販売元はかつてたくさんありましたが、そのほとんどが廃業しています。

a:138 t:2 y:0

NO.008 E-3 211029

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional