LAMY(ラミー)のブルーブラックインクにKIROT万年筆

LAMY(ラミー)のブルーブラックインクにKIROT万年筆

KILOT万年筆 このKIROT万年筆をお買上げいただいた方からのメールです。

LAMY(ラミー)のブルーブラックインクは薄いとお感じの方へ

不思議なのですが、ラミーのブルーブラックインクはどの万年筆に入れてもインクフローが渋くて薄くしか筆記できないのですが、KIROTに入れましたら大変インクフローが良くて鮮やかな紺色に筆記でき、この色が好きな私はとても重宝しております。

KIROT万年筆に出会わなかったらラミーのBBはそのまま使うことがないままになっていたと思います。大切に使わせていただきますね。


よく万年筆の入門用にラミーのサファリが安価で良いと言われております。
私が万年筆を使うようになりましたのはパイロットのKAKUNOを何気なく購入したことからはじまりました。
その後、サファリと一緒にインクも同じメーカーが良いかと思いブルーブラックを購入したのですが、あまりの薄さに正直、驚きました。

すぐに”ラミー ブルーブラック 薄い”で検索をかけるとやはりみなさん同様にインクフローが渋すぎてまるで水でも混ぜたかのように薄くしか筆記することができずに使用を断念したというお声をかなり見かけました。

色が薄いですね。グレーみたいに見えます。
つけペンで書くと非常に濃いのですが、Safariで書くととても薄いですね。

私もKIROT万年筆に出会っていなかったらラミーのBBは使用することなく放置されるとこでした。
KIROT万年筆だけがなぜらもーのBBを見たままの色として筆記できるのか本当に不思議なのですが、十分実用使いできますし優れた万年筆だと思っております。

ラミーBBを購入したのに薄くて使えないという方にぜひKIROT万年筆を知っていただきたいと思いますので、私のつたない感想でよろしければ掲載してくださいね。

最初はガラスペンを買うがてら何気なく購入させていただいたKIROT万年筆が大活躍してくれ、大変喜んでおります。
末永く愛用していきたいと思います。
良い商品をありがとうございました!

       *原文のまま、ご本人のご了解のもと掲載させていただきました。 

a:1342 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional