雑誌『小説新潮』

雑誌『小説新潮』

 昭和22年11月号「文學の曠野に」掲載
   のちに「わが半生を語る」と改題されました。
雑誌『小説新潮』「文學の曠野に」1 雑誌『小説新潮』「文學の曠野に」2

◆冒頭の部分です。
私は田舎のいわゆる金持ちと云われる家に生れました。たくさんの兄や姉がありまして、その末ッ子として、まず何不自由なく育ちました。その為に世間知らずの非常なはにかみやになって終いました。この私のはにかみが何か他人ひとからみると自分がそれを誇っているように見られやしないかと気にしています。
私は殆(ほとん)ど他人には満足に口もきけないほどの弱い性格で、従って生活力も零(ゼロ)に近いと自覚して、幼少より今迄まですごして来ました。・・・・・・・・

雑誌『小説新潮』「文學の曠野に」3

雑誌『小説新潮』「文學の曠野に」4

雑誌『小説新潮』「文學の曠野に」5
   近刊『斜陽』と案内されています。

雑誌『小説新潮』「文學の曠野に」6

雑誌『小説新潮』「文學の曠野に」6

  ¥3,500. 痛み、汚れ、黄ばみがあります。

a:575 t:2 y:1

B-132

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional