象嵌作品の工程

象嵌作品の工程

白い土で湯呑みを作る場合

半乾きの状態で縄模様をつけると、縄を押し当てたところが凹みます。ここで青い化粧土を全体に塗ります。

これは一見すると青色の湯呑みです。しかし乾燥させてから表面を少しずつ削ります。
縄を転がした部分の凹んだ溝に青化粧土が残り、それ以外のところは素地の白土が見えてきます。

最終的に「白い湯呑みに青い縄目」が現れます。本焼きはこれに透明釉をかけて焼きあげます。

a:149 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional