謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-1

 1箱2,200円
  送料198円
   (クリックポスト)
  A3サイズ100枚
  純雁皮(ガンピ)製

 ガリ版用原紙:箱に傷みがあります。原紙はヤケがありますが使用できます。

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-2

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-3

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-4

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-5
 製造元 四国謄写堂
  四国謄写堂は、 高知懸(土佐)伊野町にありました。

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-6
 上部隅に折れしわがあります。

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-7

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-8

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-9

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-10

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-11

謄写版用ロウ原紙 四国原紙 横C B152-12
 縦横3ミリのマス目になっています。「禁罫版模造」と書かれています。


雁皮紙(がんぴし)
繊維の強さと光沢の両方を兼ね備えた『紙の王様』とも称される和紙です。細かく光沢を持つ繊維であるため緻密さと滑らかさを持ち滲みも少ないこと、そして高級感あふれる質感です。

虫害・退色に対しても強いため和紙の中でも永年性が最も高いものです。この謄写版原紙は、雁皮100%で作られた純雁皮紙で造られています。

原料となる雁皮(ガンピ)は、コウゾ、ミツマタとともに和紙の原料として知られていますが、1976年発行の「世界の植物(朝日新聞社)」に、『栽培が困難なため、野生品の採集減少に伴って産額が激減している。』と書かれています。

雁皮(ガンピ)

雁皮は、成育が遅く栽培が難しいため、自生している雁皮を生剥ぎにして採ります。

雁皮の繊維は5ミリ前後と短く、半透明で光沢があるため、紙の表面は平滑できめ細かく、美しい艶を持っています。
この謄写版原紙は、雁皮紙(がんぴし)にパラフィンロウを塗ったものです。  

◇雁皮(ガンピ)紙
雁皮(ガンピ)紙は光沢があり、丈夫で虫の害にも強いことから、古来、貴重な文書や金札に用いられました。日本の羊皮紙といわれ世界一の評がある『鳥の子紙』は、ガンピとコウゾを混ぜたものです。

遣唐使と共に唐に渡った最澄が、わざわざ土産として筑紫の斐紙(雁皮紙)を200張り持参しています。紙の先輩国である中国に、土産として持参できるほどに高い評価を得ていたことになります。

a:87 t:3 y:2

NO.0021 onArokka Z-4 200223

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional