背負子 中・小

背負子 中・小

背負子 中・小 中(左)¥3,100、2点ともお買上げ済
  山村で使われた薪(たきぎ)などを背負って運ぶ道具です。 

背負子 中

中 ¥3,100
背負子 中・小  背負子 中・小

背負子 中・小  背負子 中・小
  ひもの1本が切れています。 キズ・よごれがあります。

背負子 小

小 ¥2,600 お買上げ済
背負子 小 背負子 小  

背負子 小 背負子 小
      キズ・よごれがあります。

今から50年ほど前のことです。同級生に誘われて彼の家に泊めてもらいました。

彼の家は山深いところにありました。学校帰りで学生服でした。
砂利道の坂を自転車で登っていくと、背負子(しょいこ)に薪(たきぎ)を積んで運ぶ女の人に出会いました。絣(かすり)のもんぺをはいていました。
頬被(ほっかぶ)りしていた手拭(てぬぐ)いが秋の陽に光っていました。
声ををかけることもできないでペダルを踏み続けました。

あの光景を60歳を過ぎたいまでもどうして覚えているのでしょうか。10代のわたしはそこに山里の暮らしの原風景を見たのだと思います。

これからの自分の人生を暗示している風景でした。
今は目の前の道を黙々と歩き続ければいいのだと思ったのです。

a:690 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional