縄文土器 深鉢形土器 A108

縄文土器 深鉢形土器 A108

縄文土器 深鉢形土器 A108-1

   売切れ
 最大径23
 最大高さ30センチ

  21,000円

 当館の近くに縄文時代中~後期(およそ4,000~5,000年前)の大集落遺跡(槻沢遺跡:つきのきざわいせき)がありますが、ここから出土したものと推定できます。

縄文土器 深鉢形土器 A108-2 縄文土器 深鉢形土器 A108-3
 この土器の由来はわかりませんが、廃業した地元の骨董店が入手し保管していました。

縄文土器 深鉢形土器 A108-4 縄文土器 深鉢形土器 A108-5

縄文土器 深鉢形土器 A108-6 縄文土器 深鉢形土器 A108-7

縄文土器 深鉢形土器 A108-8 縄文土器 深鉢形土器 A108-9

縄文土器 深鉢形土器 A108-10 縄文土器 深鉢形土器 A108-11

縄文土器 深鉢形土器 A108-12

縄文土器 深鉢形土器 A108-13
 左は、縄文土器 A107



栃木県那須塩原市文化財指定 槻沢遺跡(つきのきざわいせき)

槻沢遺跡(つきのきざわいせき)1 槻沢遺跡(つきのきざわいせき)2

槻沢遺跡(つきのきざわいせき)3

遺跡の存在は古くから知られており、これまでに5回(昭和8・10・27・52年、平成3年~6年)発掘がされています。調査の結果、幅12メートル、長さ180メートルの範囲から竪穴住居跡31軒、土壙100基以上、その他土壙墓・敷石遺構・配石遺構などが発見されました。 

a:60 t:1 y:0

IMT 190927

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional