現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行

↓ご試聴いただけます。
  録音のごく一部分です。
川端康成「雪国」より

↓室尾犀星「抒情小曲集」より

 ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの よしやうらぶれて異土の乞食と・・・

・佐藤春夫、武者小路実篤、大仏次郎、尾崎士朗、志賀直哉、川端康成、井伏鱒二、
 長谷川伸、谷崎潤一郎、室尾犀星、野上弥生子、吉川英治、丹羽文雄、井上靖 
 (ソノシート14枚)
  全文は録音されていません。
現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行1 ¥15,000.

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行2

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行3

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行4

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行5

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行6

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行7
左:室生犀星(むろう さいせい)
金沢市生まれ。録音されている抒情小曲集の「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの/よしや/うらぶれて異土(いど)の乞食(かたい)となるとても/帰るところにあるまじや」の詩句は特に有名です。

右:川端康成
代表作:伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。
 1968年(昭和43年)ノーベル文学賞受賞

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行8

現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行9 現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行10

パソコンなどで聴くためにMP3とWAVEに変換収録したCDを作りましたのでお付けします。
現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行10現代作家自作朗読集 朝日ソノラマ 1966年発行11

本には朗読作家の寄稿文(一部の作家は寄稿がありません)、文芸評論家による解説、作家の年譜などが掲載されています。

 
◇収録作家と作品名                       
佐藤春夫 「ためいき・秋刀魚の歌」より / 佐藤春夫 「極楽から来た」より / 武者小路実篤 「友情より」/ 武者小路実篤 「お目出たき人」より / 大仏次郎 「帰郷」より / 大仏次郎 「赤穂浪士」より / 尾崎士郎 「人生劇場」より / 尾崎士朗 「篝火」より / 志賀直哉 「暗夜行路」より / 志賀直哉 「山鳩」 / 井上靖 「氷壁」より / 井上靖 「天平の瓦」より / 川端康成 「伊豆の踊子」より / 川端康成 「雪国」より / 井伏鱒二 山椒魚より / 井伏鱒二 屋根の上のサワンより / 長谷川伸 「一本刀土俵入り」より / 長谷川伸 「関の弥太ッペ」より / 谷崎潤一郎 「細雪」より / 谷崎潤一郎 「春琴抄」より / 室生犀星 「抒情小曲集より」 / 室生犀星 「鐡(くろがね)集」より / 野上弥生子 「秀吉と利休」より / 野上弥生子 「迷路」より / 吉川英治 「宮本武蔵」より / 吉川英治 「新・平家物語」より / 丹羽文雄 「菩提樹」より / 丹羽文雄 「命なりけり」より 

NO.3tenAE30 1709 2FA3

a:63 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional