扇風機(昭和)

扇風機(昭和)

三菱 扇風機 DM-12GD(昭和33年)

三菱 扇風機 DM-12GD(昭和33年) ¥4,200.
 昭和33年(1958年)に三菱電機から発売されました。汚れ、サビ、キズがありますが、動きます。首も振ります。

芝浦製作所(SEW)扇風機 

芝浦製作所(SEW)扇風機 ¥9,500.
 芝浦製作所(SHIBAURA ENGINEERING WORKS, Ltd.)製の昭和初期の扇風機です。汚れ、サビ、キズがありますが、動きます。首も振ります。

早川電機 扇風機 PD-206(昭和30年代後半)

早川電機 扇風機 PD-206(昭和30年代後半) ¥3,500.
 早川電機工業(現在のシャープ)製の昭和30年代後半の扇風機です。汚れ、サビ、キズがあります。動きます。鈍い動きですが首も振ります。

◇シャープの歴史
1944年(昭和19年) - 軍需会社に指定される[9]。海軍監督工場に再指定される[9]。
1946年(昭和21年) - 特別経理会社に指定される。
1949年(昭和24年) - 特別経理会社の指定を解除される。大阪証券取引所に株式を上場。
1950年(昭和25年) - 失明者工場を法人化、合資会社特選金属工場(現 シャープ特選工業株式会社)を設立。
1951年(昭和26年) - テレビの試作に成功。
1952年(昭和27年) - RCAとテレビで技術提携。
1953年(昭和28年) - 国産第1号のテレビ TV3-14T の量産・販売を開始(価格175,000円[9])。
1954年(昭和29年) - 共働きや身体障害者家庭の子供を預るために早川徳次社長が本社近くに育徳園保育所を開設。
1956年(昭和31年) - 本社社屋を竣工。
1959年(昭和34年) - 八尾工場を建設。
1960年(昭和35年) - 大和郡山工場(現 奈良工場)を建設。
1962年(昭和37年) - 国内初の量産電子レンジ R-10 を発売(価格540,000円[9])。
1964年(昭和39年) - 世界初のオールトランジスタ電卓「コンペット」 CS-10A を発売(価格535,000円[9])。
1966年(昭和41年) - 国産初のターンテーブル式家庭用電子レンジ R-600 を発売(価格198,000円[9])。
1967年(昭和42年) - 広島工場を建設。
1968年(昭和43年) - 栃木工場を建設。
1970年(昭和45年) - シャープ株式会社に社名変更(1月1日)

a:582 t:2 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional