島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-1 ¥46,000.(共箱)
                19×19cm
畫花(画花:カッカ)とは、陶磁器の装飾技法のひとつです。半乾きの素地に刀で沈刻の凹線文様を描き、釉薬を塗ります。島岡先生の作品では少なく希少な作品です。人間国宝に選ばれた象嵌は、この畫花技法の沈刻の凹部を縄目でつくり異なる粘土を塗り込んで焼く技法です。

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-2

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-3

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-4

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-5

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-6

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-7
 島岡先生の陶印「タ」が入っています。

島岡達三 畫花(カッカ)草文角皿 D05-8
 箱には汚れ、しみ、ヤケがあります。

a:41 t:1 y:0

NO.20 171124 2FNTYABAKO

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional