吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-1

 6,800円

 送料520円
  (レターパックプラス)

  昭和8年11月謄写版印刷 上中下全3冊
 幕末の思想家吉田松陰。倒幕論者で、明治維新で重要な働きをする若者に大きな影響を与えました。安政の大獄(安政6年:1859年)に連座し江戸伝馬町牢屋敷にて死罪執行されました。享年30歳(満29歳)『講孟箚記』は、安政2~3年、長州の牢獄で同囚への講義録です。

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-2 吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-3
 タテ23.5×ヨコ16 厚さ(3冊)3.7センチ

吉田松陰の『講孟箚記』は、松陰が安政2~3年、長州の野山獄と杉家幽室で幽囚の身であった時、囚人や親戚と共に、孟子を講読した読後感や批評そして意見をまとめたものです。

江戸から明治へと時代は進みますが、日本の教育水準の高さが感じ取れます。

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-4
 薄いヤケ、汚れがあります。書き込みはありません。

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-5

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-6

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-7

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-8

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-9

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-10
 昭和18(1943)年、今から80年ほど前に長野市で発行されました。吉田松陰により原書が書かれてから90年後になります。謄写版原紙に鉄筆で1文字1文字丁寧に楷書で書かれています。

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-11

吉田松陰 『講孟箚記(こうもうさっき)』全3冊-12
 正誤表1枚

a:37 t:3 y:4

NO.0083 A-13 201014

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional