佐々木ガラスペン飴色(あめいろ)

佐々木ガラスペン飴色(あめいろ)

佐々木ガラスペン飴色(あめいろ)1

  ¥600.(1本)  

  発売元:東京・台東・佐々木商店
   簿記用極細字

 送料¥120.(2本まで:定形外郵便)
   3本以上¥164.(クリックポスト)

佐々木ガラスペン飴色(あめいろ)2

佐々木ガラスペン飴色(あめいろ)3
 手作りですのでペン先の形状に微妙な違いがあります。
 軸・ラベルに小キズ・くすみなどがあります。

佐々木ガラスペン飴色(あめいろ)4

佐々木ガラスペン飴色(あめいろ)5
ガラスペンを考案したのは、日本の風鈴職人だった佐々木定次郎です。
明治35年(1902)でした。

お買上げいただいた岐阜県Y様(女性)からお便りをいただきました。2017.4.24

祖母の使用していた、佐々木ガラスペンに、出会えたことに、感謝致します。
飴色の物は、先が、割れていたので、本当に、嬉しいです。
昨年の本屋さん大賞の本を読み (ツバキ文具店というタイトルです。)祖母からの手紙を思い出しました。 本では、筆と墨ですが、祖母は佐々木ガラスペンでした。
優しい人で、文字から優しさがにじみ出ておりました。祖母のような手紙を書きたいと、探しておりましたので、この出会いに感謝致します。
 掲載に当たってはご本人にご了解をいただきました。 

(文字は人柄を現わすといいます。私もなんどか優しい人柄を感じる手書き文字を目にしてきました。できるだけ手書きわしいと思っていますが、字がへたくそでしてついついパソコン入力でプリンター印刷になってしまいます。)

お買上げいただいた兵庫県のS様からお便りをいただきました。 2017.4.13

設計業をしていた父親に代わり、最近社長を始めたばかりの若輩者です。
今まではパソコンやスマホを利用してあまり文字を書かなくなりましたが、経営者ともなればとても多くの文字を書く事に驚いておりました。

書きやすいボールペンを探し万年筆にたどり着きましたが、父親が生前使っていた筆箱の中に佐々木商店のガラスペンを発見しました。
先端が少し欠けていたので、綺麗にインクが出なかったのです。
父親の形見を受け継ぎたいと思い、佐々木商店のガラスペンを手にする事が出来て、とても光栄です。
この度は本当にありがとうございました。
 掲載に当たってはご本人にご了解をいただきました。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お買上げいただいた東京都小平市矢島様からのお便りです。

2017.2.18
私の亡くなった父は、戦前、戦中、戦後と一貫して教員生活を送りました。私(65歳)が小さい頃、今回購入したようなガラスペンが、父の机にごろごろしていたのを覚えています。いまはやりのガラスペンでなく、竹軸というのが何とも言えない雰囲気を醸し出しています? 良い品に巡り会えて嬉しく思っています。貴店のサイトをブックマークに加えました。

 ご本人のご了解のもと原文のままご紹介させていただきます 

a:631 t:3 y:0

NO.003 B113

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional