人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-1

 水滴(水差し)
   9,800円
 8.5×9.5×6.0(高さ)センチ 

 島岡達三が人間国宝の師濱田庄司から独立し、益子に窯を構えて間もなくの頃の作品です。やがて師と同様に人間国宝に認定される予感のする感性が感じられます。やわらかい益子焼の質感に糠白、柿、灰釉の益子の釉薬が活かされています。描かれている十文字紋は後にも絵皿などに数多く描かれました。

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-2
 合わせ箱です。箱書き、陶印「タ」はありません。
  単三乾電池は大きさの参考です。

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-3

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-4

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-5 人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-6

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-7 人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-8

人間国宝島岡達三初期作品「水滴」 D10-9

a:93 t:3 y:0

NO.EH20 2FA4 200621

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional