万年筆のペン先について(太さと素材)

万年筆のペン先について(太さと素材)

ペン先

プラチナ万年筆B(18K)

 プラチナ万年筆のペン先
  ペン先に、18K 中字の刻印があります。

 ニブとも言います。
 万年筆にとって大変重要でデリケートな部分です。
 高価な部品です。
  

ペン先の太さ

細字~太字と様々なサイズがあります。
一般にアルファベットであらわされています。

○EFまたはXF:EXTRA FINE(エクストラファイン)
 極細字
○F: FINE(ファイン)
 細字
○M: MEDIUM(ミディアム)
 中字
○BまたはL: BROAD(ブロード)、LARGE(ラージ)
 太字
○BBまたはXL:BROAD BROAD(ブロードブロード)、EXTRA LARGE(エクストララージ)
 極太

パイロットの表記

  (パイロットはこのように表記しています)
・EF(エキストラファイン:極細) [字幅0.25ミリ]
・F(ファイン:細字) [0.32]
・FM(ファインミディアム:中細 [0.4]
・M(ミディアム):中字 [0.5]
・B(ブロード):太字 [0.61)
・SB ソフトブロード:ソフト調太字 [0.61]
・SU スタブ:縦太横細 [0.63]
・BB ブロードブロード:極太 [0.72]
・C コース:特太 [0.85]
・MS ミュージック :縦太横細 [0.9]

セーラー万年筆の表記

セーラー万年筆のペン先の太さ表記
 セーラー万年筆「スタンダードペン先」7種類の字幅と特徴

ペン先の素材

ほとんどがは、金かそれに類する物でコーティングされています。
インクに含まれる硫酸、塩酸などに強く、腐食しにくいためです。

 金を使ったペン先の表記は、金の含有率によって大きく3つに分かれます。
 “14金(14K)”“18金(18K)”“24金(24K)”
 24金(24K)は混ざりもののない純金ですが、柔らかすぎて万年筆のペン先としては使えません。
 一般的には18金や14金が使われます。
 18金は、金の含有率が75%(18/24)程度。14(14/24)金は58%程となっています。
 一般的に金の割合が多い方が柔らかくなりますが、柔らかさはペン先の厚みや形状による影響の方が大きく、14金の方が18金より柔らかく感じる場合もあります。

金メッキを使ったペン先の表記

  ステンレススチール23金ゴールドプレート仕上
   材質はステンレスで、そこに23金のメッキを施しています。
  “14金仕上げ”“18金ゴールドプレート”“14KGP”等と表記される場合もあります。

  金メッキであり材質が金ではありませんので、金素材の柔らかい書き味とは違ってきます。

ペン先の硬さ

 硬さは、ペン先の厚みとカーブによってほぼ決まります。
 ペン先の金属の厚みが厚いほど筆記時の感触は硬くなり、横方向へのカーブが深いほど弾力は硬く、浅いほど柔らかく感じます。
 また、ペン先が長いほどペン先がカーブの影響を受けにくくなり、柔らかくなります

 材質が金なのかステンレスなのかで書き味に違いがあります。
 金の方が素材として柔らかいので、書き味は柔らかく滑らかです。
 逆に鉄系合金は金と比べると硬く感じます。

書きやすい・書きにくいは、使う人の好みによって違ってきます。
ペン先が柔らかい方を好む人もいれば、硬い書き味を好む人もいます。
自分に合ったペン先を探して大切に長く使いたいものです。

a:381 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional