ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97

ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97

ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97-1

 1セット2,100円
  送料185円
  (クリックポスト)

ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97-2

ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97-3

ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97-4
  111 KUTSUWA

ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97-5 ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97-6

ライオンさじペン1箱とペン軸2本セット B97-7

ライオンペン ドーム サジペン-1

 ライオンサジペン
 (スプーンペン)"ドーム" 
 未開封

 硬質クローム 1箱1グロス(144本) 定価シール1,000円
  ライオンのペン先は現在は製造販売されていません。

ライオンペン ドーム サジペン -2
 写真撮影のため1箱開封しました。ダメージは感じられません。硬質クロームはサビに強くサビにくいです。

ライオンペン ドーム サジペン -3

ライオンペン ドーム サジペン -4

製造販売時期
JISマークが入っている時代のペン先です
ペン先のJIS規格「S6008 鋼ペン先」は昭和62年7月1日に廃止されました。(JISC 日本工業標準調査会のデータベース)

定価¥1,000.の時代は昭和45~49(1970~74)年頃でした。
昭和45(1970)年ころまではペン先の生産は年間100万グロスを越える生産高でしたが、その後生産量は落ちていきます。値段は、物価高騰が続き1箱の定価は1000円(昭和45年)、2000円(昭和49年)と倍々に上がりました。
現在の価格はタチカワサジペン110本8,000円です。

ライオンペン ドーム サジペン -5

ライオンペン ドーム サジペン -6
 箱の中に入っていたライオンプレゼントカードの引換期限が昭和47年12月31日までとなっています。

福井工業株式会社と記載されています。(住所は、大阪市東住吉区長吉出戸町820)ライオンペン先の製造会社でした。
LIONは福井商事(現在のライオン事務機)の商標です。20年以上前の1996年(平成8年)にペン先の製造販売を中止しました。やがてはなくなってしまうブランドのペン先です。

現在発売されている日本のペン先ブランドは、タチカワ、日光、ゼブラの3種類です。日光ブランドはタチカワが継承しましたので、製造メーカーはタチカワとゼブラ社の2社だけとなっています。

ライオンペン ドーム サジペン 7 ライオンペン ドーム サジペン B70-8 

ライオンペン ドーム サジペン -9

ライオンペン ドーム サジペン -10

ペン先の刻印
 FUKUI IND. CO.
 JIS LION
 MADAE IN JAPAN
 E-F



サジペン
その形から、スプーンペン(タチカワ)、カブラペン、タマペン(ゼブラ)とも呼ばれます。※ブランドによって名称が異なっています。
廃止されたJIS(日本工業規格 鋼ペン先S6008)では、サジ型の名称でした

硬く丈夫なため、均一な線が描けます。
若干の線の強弱(太い線、細い線)と均一な太目の線が書けるペン先です。ペン先を紙に沿って寝かせることで、線の強弱が出ます。
漫画を描くのにも利用されます。

a:74 t:1 y:0

NO.008 2FB1 190916

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional