デルビル磁石式壁掛電話機

デルビル磁石式壁掛電話機

画像の説明  画像の説明  画像の説明

画像の説明  画像の説明 
                      光源の違いで色が黄色になっています。

この型は明治29年から約70年間使用されました。これは昭和30年代製です。  \28,000.
 信越電気通信工作工場製(検査員 灰野さんの検印)
 ☆右のハンドルを回せば2個のベルを左右にゴングしチリチリチリの快音が響きます。

ハンドルを回して磁石発電機から交換手に信号を送るので「磁石式」と呼ばれ、主に市内用として使用されました。
1896年(明治29年)明治29年7月、これまでのガワーベル電話機にかわり、より高感度のデルビル送話器を用いたデルビル磁石式電話機が採用されました。
このデルビル電話機は、その後、共電式・自動式と並行して小規模局で昭和40年頃まで約70年間使用されました。
一般に「磁石式電話機」という名称が固定して使われるようになったのは、磁石式発電機を持つこの電話機以後です。
それ以前のものは単にガワーベル電話機、エジソン電話機などと呼ばれていました。
電話局の呼び出しは、電話機内部の磁石発電機を回し、電流を送ります。
局からの呼び出しも初めは手回し発電機、後に交流発電機によってベルを鳴らしました。

実際に使用できるかどうかはわかりません。

a:3107 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional