ゼブラ丸ペン No2586 36本箱入り B09

ゼブラ丸ペン No2586 36本箱入り B09

ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-1

ブロンズ色 A:硬質
 1,650円
 (1箱36本入り)

  送料185円(クリックポスト)
   数をおまとめいただいても同じです
 極細線を描け、筆圧の強弱によっていろいろな細い線が書けます。

丸ペンについて詳しくはこちら⇒ペン先の種類と用途

ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-2 ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-3
 36本入り1箱税抜き2,500円時代のゼブラ丸ペン(A硬質)です。

ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-4

ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-5
 T. ISHKAWA ZEBRA No2586の刻印があります

ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-6

ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-7
 木製の丸ペン軸に取り付けました。ペン軸は付きません。
  ペン軸付きはこちら⇒木製ペン軸とゼブラ丸ペン10本 B50

ゼブラ丸ペン No2586  36本箱入り B09-8
 極細線を描け、筆圧の強弱によっていろいろな細い線が書けます。

★現在のゼブラ丸ペンの価格は、丸ペンA硬筆10本入(PM-1C-A-K)1,400円+税です。 
 ⇒ゼブラ丸ペンA硬質



ゼブラのペン先

ペン先にインクをつけて書く「つけペン」は、ボールペンが普及する以前に一般に使用されていた筆記具です。現在では、主に漫画やイラストを描く道具として使われています。「つけペン」は、1897(明治30)年にゼブラが国内で初めて生産を始めました。
それが筆記具メーカーであるゼブラの礎となっています。118年経った現在も国内の自社工場で、職人が1本ずつ手作りしています。また現在でも品質向上の取り組みを続け、プロ漫画家の意見も聞きながら新商品の開発を続けています。

<ゼブラ(ゼブラ株式会社)のホームページより引用>

a:100 t:4 y:0

F-11 181012

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional