ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-1 550円(1本)
 こちらは、付けペンが使えるペン軸にガラスペンが付いている珍しいタイプのササキガラスペンです。"簿記・製図に最適"と紙箱に記載されています。ペン先は、タチカワ さじペン No.600EF B11の1本です。

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-2
 ペン軸にNO.106と記載されています。
 プラスチック軸の色は赤、青、オレンジの3色あります。ご注文の際に色をご指定ください。

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-3 

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-4 
 ガラスペンの保護のため透明プラスチックキャップが付いています。

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-5 ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-6
 (写真右)ガラスペンが付いている反対側につけペンを取り付けることができます。このタイプはとても珍しいです。

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-7

 

軸に、ササキガラスペンのトレードマークとNO.106の文字が刻まれています。

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-12

 ガラスペンはねじ込み式になっていて取り外して交換できます。

 


 佐々木ガラスペンのトレードマークとNO.106の文字が刻まれています。

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-8
 この紙箱に入っていました。

ササキガラスペン106 付けペンと両用 B11-9

製造発売元:東京・練馬・佐々木商店
  佐々木商店は廃業しており現在はありません。

ガラスペンを考案したのは、日本の風鈴職人だった佐々木商店の創業者佐々木定次郎です。明治35年(1902)でした。

a:106 t:3 y:2

NO.052 E-12 181028

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional