インキとインクの違い

インキとインクの違い

インキの方が古い発音で、オランダ語のInkt に由来しています。
インクは英語のinkです。
パイロットは商品名にインキ、セーラーはインクを使用しています。
当館では基本的には古い方のインキを使用しています。
パイロットインク Blue Black 30cc Sailor INK BLUE BLACK 1オンス
 ひと昔前のパイロットとセーラーのインキ"ブルーブラック"
  左:パイロットインク Blue Black 30cc
  右:Sailor INK BLUE BLACK 1オンス

かつては、大きいボトルインクを買って小さいインク壺に小分けして経済的に使っていましたが、今では付けペンにインクで書く人をほとんど見かけなくなりました。万年筆を使う人も少なくなっています。
 パイロットインク Blue Black 350cc
  パイロットインク Blue Black 350cc

インクというとプリンター用インクカートリッジをイメージする人が多くなっているのではないでしょうか。

印刷用のインキも含めて、同じメーカーでも成分や色は時代とともに変わってきています。変わったのはボトルやラベル、箱のデザインだけではありません。
具体的な成分や配合を知ることは難しいです。

古い時代のインクには防腐剤が入っていて耐久性があると言われていますが防腐剤の種類など具体的なことは分かりません。

a:231 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional