「櫻桃」初版

「櫻桃」初版

 太宰治「櫻桃」初版 1 \7,000.売切れ
 昭和23年7月25日発行 實業之日本社 
  背表紙の最下部に傷みがあります。

 太宰治「櫻桃」初版 2
 太宰治「櫻桃」初版 3   太宰治「櫻桃」初版4

「桜桃忌」おうとうき

太宰治の命日である6月19日は、「桜桃忌」です。
太宰の死の直前のこの名作にちなみ今官一によって名づけられました。
今官一は、太宰と同郷の津軽出身の作家です。

6月の北国に実る鮮やかな紅色の宝石のような桜桃(おうとう:さくらんぼ)が、鮮烈な太宰の生涯と珠玉の短編作家というイメージに最もふさわしいと、友人たちの圧倒的な支持を得たと言われています。

墓所のある禅林寺(三鷹市下連雀)にはいまも毎年多くの太宰ファンが参拝に訪れます。

a:817 t:2 y:1

B-117

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional