「晩年」初版

「晩年」初版

 昭和23年7月30日発行 新潮社版 ¥3,000.
 売切れ
太宰治「晩年」初版1  太宰治「晩年」初版2

太宰治「晩年」初版3  太宰治「晩年」初版4

  撰(えら)ばれてあることの
  恍惚(こうこつ)と不安と
  二つわれにあり
         ヴェルレエヌ

 死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目(しまめ)が織りこめられていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。 ・・・・ 
 (第1編「葉」の冒頭です)
 続き⇒第1編「葉」全文

太宰治「晩年」初版5  太宰治「晩年」初版6

a:1315 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional